スポンサーリンク
楽天でマスクの在庫ありを探す

東大王【伊沢拓司】中退後の就職先。起業して年収は億?出身校と家族構成も

エンタメ

東大王の元祖。ともいえる伊沢拓司さん。現在は、元東大王として芸能界で活躍されています。現東大王は、卒業後医師や弁護士を目指す中、芸能界で活躍し続ける伊沢さんは、いったいどういう働き方をして収入を得ているのか。調べてみました。

スポンサーリンク

1:現在はどういう形で働いているの?

▶結論:

@ワタナベエンターテインメント所属 です。 @株式会社QuizKnock代表 でもあります。

どういうことかというと、 自身で独立して株式会社QuizKnockを立ち上げていて、 こちらでは、もともと自身でやっていたクイズのユーチューブの仕事を。 テレビなど芸能系の仕事は、ワタナベエンターテイメントを通してマネジメント などもやってもらっているということだと思います。

▶え?!東大中退したの?

回答:中退しました。東大の大学院を中退したので、 東大大学院卒ではなく、東大卒だそうです。 一般人ピーポーの私からすれば、どーでもいいというか、どっちにしろ すごい、というか大学院いく???って感じですが・・ そのままいけば、高収入の企業に就職できるエリート街道を自ら降りて起業した ということですね(^^ 因みに東大卒の方の平均年収は700万円だそうです。

2019年3月30日、QuizKnockのYouTubeチャンネルで 3月31日をもって大学院を中途退学して、 4月1日に株式会社QuizKnockを設立し、自身が代表に就任する

と発表しています。

▶結果年収は?

あくまで予想ですが、 メインの収入は、YouTube。 ここからがなんと、あるサイトの計算によるとこんな感じ 伊沢さんがこのYouTubeで何をやっているかというと、 テレビでやっているようなクイズを東大生仲間と一緒にやっている様子を 配信しているものが多いです。 なので、siteとしての年収で、ここから共演者に渡したり事務的費用も引かれます。 が、充分な金額ではないかなと思います。 また、第二の収入が印税。 伊沢さんは既に2冊出版されています。 そして、第三の収入はテレビ出演による収入。 こちらは具体的にいくらとは分かりませんが、レギュラー番組も あるので、げんざいは安定した収入があるのではないでしょうか。 東大王の中でも、元祖としての人気は不動で一番ファンが多いので、 これからも活躍の場が増えるのではないかなと思います。

スポンサーリンク

プロフィール

生年月日 1994年5月16日(25歳)2020年現在 本名 伊沢 拓司(いざわ たくし) 出身地 :埼玉県 出生地 :茨城県 家族構成:父・母の3人家族(1人っ子) 学歴 :東京大学経済学部卒業 職業 タレント、YouTubeクリエイター、クイズプレーヤー 所属 ワタナベエンターテインメント

▶学歴

私立暁星小学校 私立開成中学校・高等学校 東京大学経済学部を卒業 東京大学大学院農学生命科学研究科農業・資源経済学専攻修士課程中退

▶東大王になる前

小学生のころサッカーに夢中になり、友達とサッカーに関する知識比べをしていた。 開成中学の部活動勧誘会で早押しクイズを体験し、クイズに興味をもった。 中学時代からギターをはじめ、 大学生時代はギターのサークル副会長を務めていた。 東進ハイスクールの東大特進コーススタッフとしてアルバイト。 葉加瀬太郎・髙田万由子夫妻の長男の家庭教師をしていた

▶クイズ実績

中学時代開成学園クイズ研究部に所属。 第18回高校生オープンで史上初となる中学生(当時中3)で優勝。 高校1年生時に日本テレビのクイズ番組『全国高等学校クイズ選手権』第30回大会 に出場し、開成高校を初優勝へと導いた。 (メンバー:田村正資、大場悠太郎、伊沢拓司) 翌年の第31回大会で、 個人としては史上初となる2連覇を成し遂げた。 (メンバー:伊沢拓司、大場悠太郎、鈴木耀介) 3年目となる第32回大会では、 予選で敗れた。 (同じ開成高校の別のチーム(メンバー:青木寛泰、水上颯、太田凌介)に敗北) ★高校生クイズで個人として連覇を果たしたのは伊沢と大場の2名だけだそうです。 (2019年9月現在)。

▶YouTubeの始まり

2016年に「右脳も左脳もヨロコブ」というコンセプトのもと、ウェブメディア『QuizKnock』を立ち上げ、編集長を務める。 これをもとに 2017年には同名のYouTubeチャンネルを設立

▶東大王の始まり

2017年4月にTBSのクイズ番組『東大王』のレギュラー放送第1回で優勝。 第1シーズンでは東大王チームの大将を務めていた。 同年11月の第13回放送で行われた東大王入れ替え戦の決勝にて 水上颯に敗れ大将交代となった。 しかし、東大王チームの最年長、大黒柱として、同じく入れ替え戦でベスト4に勝ち残った鶴崎修功、鈴木光とともに番組の第2シーズンを牽引(水上不在時には代わりに大将を務めることも)。東大王の躍進に貢献したのは、間違いなく伊沢さんだとおもいます。  

2019年3月20日の放送をもって、 東京大学大学院からの中途退学を機に東大王チームから卒業

4月3日の第47回放送からは、 番組の解説およびファイナルステージ以外のどこか1ステージ、 (芸能人チームがオセロで勝利した場合のみ)ファイナルステージにおける 芸能人チームの助っ人として出演。 東大王チームから抜けても、次の居場所を見つけて先に動くところがさすがですね。  

エンタメ
スポンサーリンク
ひよこをフォローする
ぴよぴよタイムズ

コメント

タイトルとURLをコピーしました