スポンサーリンク
楽天でマスクの在庫ありを探す

島津製作所:コロナ検査キット販売はいつどこで買えるか。予約や検査方法は。

社会

島津製作所は4月20日よりコロナウイルス感染症(COVID-19)向け検査キットを発売
すると発表しました。

【新型コロナウイルス検出試薬キット】は3月に開発発表したもので、
検査時間を従来の半分に短縮できるということです。

【新型コロナウイルス検出試薬キット】は当面は国内のみ販売し、
5月以降は海外への輸出も視野に準備を進めると発表されています。

スポンサーリンク

コロナ検査キットは私たちも買えるの??

島津製作所の【新型コロナウイルス検出試薬キット】の市販は?

残念ながら
キットは、使用する機械が必要で複雑なので、一般販売はされないそうです。

 

以下島津製作所HPより

島津製作所は、「新型コロナウイルス遺伝子検出試薬キット」の開発に着手しました。本キットは、試料からのRNA 抽出工程を省けるため、検査の省力化・迅速化に貢献します。月産数万検査分の供給体制の早期確立を目指しています。

現状の遺伝子増幅法(PCR法)による新型コロナウイルスの検出では、鼻咽頭拭い液などの試料からRNAを抽出して精製する工程が欠かせません。煩雑な手作業が求められるRNA精製は、約30分かかるため、迅速な検査の妨げになっています。当社が開発を進める「新型コロナウイルス遺伝子検出試薬キット」は、RNA精製が不要です。試料と前処理液を混合し、RT-PCR※1 用の反応試薬を添加して反応させるだけで、ウイルスの有無が判定できます。

「新型コロナウイルス遺伝子検出試薬キット」は、当社独自のAmpdirect技術をベースに国立感染症研究所のマニュアル※2 の記載に従って開発しています。Ampdirect技術は、「たんぱく質や多糖類などのPCR阻害物質の作用を抑制し、DNAやRNAを抽出・精製することなく、生体試料をPCRの反応液に直接添加できる」というものです。当社には、これまでにAmpdirect技術を用いて、食品分野に従事される方の保菌者スクリーニング(検便)用として、腸管出血性大腸菌やサルモネラ属菌、赤痢菌、ノロウイルスの検出試薬を開発・販売してきた実績があります。今後も「検査の省力化」「検出時間の短縮」「検査コストの低減」を目的とした病原体の検出試薬開発を通じて、感染症対策に貢献していきます。

※1 逆転写ポリメラーゼ連鎖反応。逆転写反応を用いたRNA に対する増幅手法。
※2 国立感染症研究所 「病原体検出マニュアル 2019-nCoV」

注意:開発中の試薬は研究用試薬です。医薬品医療機器法に基づく体外診断用医薬品としての承認・認証等を受けておりません。本試薬の使用には、遺伝子の増幅や検出を行うPCR装置および試料・遺伝子の取り扱い技術を要するため、個人やドラッグストアなど小売店への販売は予定しておりません。

 

▶価格や発売日は。

発売日は4月20日で、
価格は、22万5千円
1キットで100件の検査が可能
1月の生産数は、10万件検査できる量が生産できる。

と、言うことは月に1000キット生産ということかな。

▶本当に検査できるの?

現在行っているPCR検査と同等の結果が出ることが、証明されているそうです。

 

 

島津製作所の新しいコロナ検査キットは、従来より検査時間が半分で結果は同じ。
しかし、専門的な機械が必要なため一般販売はする予定がないとのことです。

この検査キットの誕生に、みんなは歓喜。
さすが島津製作所!日本の誇り!とたたえています。

 

 

社会
スポンサーリンク
ひよこをフォローする
ぴよぴよタイムズ

コメント

タイトルとURLをコピーしました