スポンサーリンク
楽天でマスクの在庫ありを探す

MATT【金銭トラブル】相手は?父の友人Aさんは、なぜ今いくら請求したのか。MATTのブログの全貌

エンタメ

桑田真澄さんの息子さんMATTさんが、お父様の知人女性と金銭トラブル。
と報じられ、ネットがざわつきました。そして、このことをメディアに訴えたのも
この知人女性Aさん自身だそうです。

だったら自分の身元明かせばいいのに。。。と思いますが

それはいったい誰なのか見ていきましょう。

スポンサーリンク

1:知人女性Aとは誰なのか。

公に出回っているのが
*お父さんと30年前からの知り合い
*MATTさんも学生時代お世話になっていた。
*札幌の音楽学校の講師
ということで、見て行ったらもうすでに、ご本人特定されていました。

愛宕音楽院の『中間真永』さん

です。なかなかファンキーな感じで、ご本人もバンドをされていたり、有名アーティストのバックコーラスなどをされていらっしゃいます。

▶事の発端と請求額

MATTさんは、今回のことにかなり怒っていて、人として信じられない行為だと
ブログで全容を明かしています。
また、今回の事を週刊誌にリークしたのもこの女性本人のようで、そこまでして
お金が欲しいのか。こんなことして何なるのか。と憤慨しています。
現在は弁護士も立てて適切な処置をしているとのこと。

請求額は、何年も前のことで、飛行機代と宿泊代は自分で払っていたはずなのに

飛行機代
衣装代
宿泊費
車代
食事代
ボイスレッスン代
など数百万円にも及ぶ請求が2回届いたそうです。

▶事の発端(ブログの内容をまとめると。)

子供のことから知人女性と面識があった。
マットさんは音楽系の大学に進学
大学に入ってから知人女性Aと東京で再会
知人女性Aとは東京や札幌であっていた
知人女性Aが講師をつとめる音楽院の発表会にゲスト出演
知人女性Aの紹介で札幌のホテルのブライダルモデルを務める
ブライダル会社Xからスカウトされる
ブライダル会社Xからたくさん仕事もらう
ブライダル会社Xとは今も仲良く付き合いがある。
知人女性Aから芸能会社Zを紹介される
芸能会社Z社長から知人女性Aと関わるなと言われる

その後Z社には入らず。

色々な機会が重なり、テレビデビュー。
お仕事が増える中

急に請求書が届く
(X社で仕事が上手くいったのは自分が紹介したおかげだから
お金をもらう権利があるとのことで)

電話が来て罵倒される

週刊誌にリークされる

弁護士を立てて話し合い

というもの。

MATTさんが売れて行って悔しかったんでしょうか。
紹介に対するお礼がもっとあれば良かったのでしょうか。。。

▶MATTさんの気持ち

この件で人間不信になった。というMATTさん。
こんなトラブル抱えながら芸能のお仕事として人の前に立つってすごい
ですよね(#^^#)

何にせよ、早く決着がつくと良いなと思います。

スポンサーリンク

3:MATTさんご自身が書いたこの事件の全貌
(ブログより)

 

約7〜8年前くらいのお話。
僕が大学に入り
ずっと連絡が途絶えてた札幌の音楽学校の
女性(講師)Aさんとご縁があり再会しました。

女Aさんは父と20代の頃から知り合いでした。
中学生の頃に何度か会ったことがありましたが
また父からの紹介で再会しました。

僕は高校を卒業して音楽の大学に進学し
作曲を始めたり、
歌も歌ってみたいな〜と思ってみたり!
まぁ、こんな気持ちって
その年でみんな色んな夢を描きますよね。

そんな時にその札幌の女Aさんと
東京で再会しました。

その後、
女Aさんとは札幌で会ったり、東京で会ったり。
月に1回なのかもっと間が空いてたのか
前の話すぎて覚えていませんが、
その札幌の音楽学校で発表会的なことがある時に
ゲストで出させてもらったり!
その頃の僕にとっては大きな舞台でした。
そこでは色んな経験ができて
いまでもその音楽学校の方達には感謝しております。

同じ時期に札幌の某ホテルで模擬挙式があり
僕はそこで初めてブライダルモデルとして
お仕事をさせて頂きました。
これは女Aさんの紹介でした。

その模擬挙式を見に来ていた
ブライダル会社X社からスカウトを受け、
X社のブライダルモデルとして
たくさんの経験をさせていただきました。
X社とは今も仲良くやっております!

何年のいつだったか忘れましたが
芸能プロダクションZ社を
この札幌の女性Aさんが紹介してくれました。

プロダクションZ社の方は僕に
“1人で来なさい”と。
僕はその彼女とは一緒に行かずに
1人で行きました。
“芸能界デビューできたりして♪”
なんて思ってみたり!

そして当日!
緊張しながらZ社の会長と面談!
ドキドキ、、、

その方は本当に良い方で、
その頃の僕に大切なことを沢山話してくれました。
どれだけ救われたか。

札幌の女性がプロダクションZ社に事前に送った、
僕のプロフィールだけが入ってるはずの
Z社宛の封筒には
なぜか彼女のプロフィールまでが入っていました。

その彼女のプロフィールを手に
Z社の会長が最後に一言
“この人ともう関わるんじゃないよ”

僕はその彼女と会長は知り合いだと聞いていました。
でも会長は彼女の事を知らないと言ってた。
けど、最後にプロフィールを手に
“この人と関わるんじゃない”と。

僕の頭の中では?状態でした。
この一言が後押しするのです。

その後結局Z社とは何回か関わりはありましたが
所属はしませんでした。

それから何年か経ち
大学では普通に音楽を学び、留学をしたり、
X社のブライダルモデルとしてお仕事したり。

そして大学4年の留学後、
テレビのオファーを受けて2017年にデビューして、
色んなテレビ番組に出させて頂き、
ここまでやってきました。

ある日、
これは去年の話だったと思いますが
請求書が家に届きました。

それは札幌の女Aさんからの請求書でした。

そこにはこんな内容が。。。
衣装代 ☆十万
宿泊費 ☆十万
東京⇔札幌の航空券代 ☆十万
新千歳空港から札幌までの車代 ☆十万
ボイスレッスン代 ☆十万
食事代 ☆十万
などなど
計☆百万円請求。。。

それを見た僕はこう思いました。

“10代にお世話になったのはわかるけど
いまさら請求?”

“宿泊代と航空券の支払いはこちらで済ませてたし、
そんなお金を払えない家ではないし”

そもそもその時に請求せずに
いまさら感w
請求内容もはちゃめちゃw

そして衣装代とは?!?!

たしかに僕の普段のテレビ衣装は
6〜7割はX社からお借りしてます。

Aさんの言い分としては
“X社は私たちが紹介したから
私たちが衣装代をもらう権利があるわ!”
と。

はい?って感じw
たしかに模擬挙式のモデルはあなたが繋げた。
でもそのあとは僕とX社の話です。
模擬挙式のブライダル会社と
今お世話になってるX社とは関係ありません。
なので衣装代はあなたに支払う必要はないのです。

喧嘩の発端はここにあります。

僕とX社がお仕事をする段階で
主人公を話し合いの場に入れなかった事が
不満だったそうです。

この頃から彼女の中で
僕に対しての不満が膨らみ恨まれることに。

僕が彼女を邪気にしたわけではないし
感謝を忘れた時もない。

プロダクションZ社の会長の言葉が
救いでした。
“この人とはもう関わるな”
ここに答えがありました。
気付きをありがとうございます

他にも色んな噂を聞き、
彼女にも電話で怒鳴られたり。
彼女の本当の姿を僕は知っていくのです。

僕は”離れなきゃ”と心から思いました。
仲良くしてた時はわからなかったけど
離れてみて分かることがありました。
良いタイミングで彼女と離れれて。
本当に良かったです。

これが全てです。
これをどう訴えれるのでしょうか?
どう請求出来るのでしょうか?
2度も事実とは異なる内容の多額請求がきて
弁護士も立てました。
しまいには今日
週刊文春が家に来ました。

芸能界って波乱万丈ですね。

→佐藤健が上位落ち最新イケメンランキング
→高畑充希
→横浜流星

エンタメ
スポンサーリンク
ひよこをフォローする
ぴよぴよタイムズ

コメント

タイトルとURLをコピーしました